M-65フィールドジャケット

何十年も色褪せることなく愛用されているM-65フィールドジャケット。

 

M-65が世に知られるようになったのは映画の「タクシードライバー」。
主演のロバートデニーロが着ていたことで有名でました。
若い人でもDVDなどで見ていて知っているかも知れませんね。

 

機能的に作られていることや体にフィットする着心地が
長く愛される理由なのかも知れません。

 

よく昔のM-65そのままの服を着ている人を見かけますが、
さすがに野暮ったくなり、
どう考えてもセンスのないファッションになってしまいます。
簡単に言えば「都会的なセンス」じゃないんですね。

 

ご紹介しているお店は「スプートニクス」。
現代風にアレンジして都会でも映えるデザインになっています。

 

コーディネートのパンツは簡単です。
そのままワイルドさを演出するならデニム。
きれいめに決めるならカラーパンツ。
どちらもやや細身のパンツが似合います。

 

値段はほかのお店より高いです。
でも安いのを買うと質感は悪いし、
デザインもかなり古く野暮ったいですね。
失敗するだけのような気がします
ここはデザインがきれいなので断然おすすめですね。