目線を変えてみよう

仕事をして家に帰って、朝になればまた出勤してと、決まりきった毎日を送り続けるのは正直退屈になることもあるでしょう。
そんな中で何か楽しみを見いだせるか、何か楽しめるものを持っているかということは、とても大切な事です。こういう話題になると「何か趣味があれば」ということになるのですが、趣味というのは「しなければならない」というものではありません。
しなければならないということになると趣味ではなく、義務に近くなります。趣味は、あくまで空き時間に行う物なのですから、気楽にやりたいものです。なので、無理に何かを始める必要はありません。
生活の中には、楽しいことというのはいくらでも潜んでいるからです。地下鉄で出勤するのであれば、近くの席に可愛い女性、またはカッコいい男性がいるかどうかだけでも楽しめると思います。駅を出て会社までの道のりには、どんな景色が見えますか。場所によっては難しいかもしれませんが、季節の移ろいを感じることができませんか。単純に昼食のメニューを考えるのも楽しいものです。
このように実は、生活の中には多くの楽しみが潜んでいます。問題は、それをどう感じるかなのです。ある出来事に出会っても「いいなぁ」と感じることができる人もいれば、全く無関心に通り過ぎてしまう人もいることでしょう。価値観は様々なので、何に対して「いいなぁ」と思うかは問いませんが、少し目線を替えてみると日常生活の中には多くの楽しみが潜んでいます。ぜひそれを見出してほしいと思います。

2018年10月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー